LeoVince

LeoVince(レオヴィンチ)は、1954年創業のイタリアにあるシトー社(SITO Gruppo Industriale)によって開発されたエキゾーストカスタムパーツブランドのバイクマフラーです。 SITO社は、EU内で 生産量No.1の実績を誇り、年間120万本ものバイクマフラーを生産・出荷しています。 【LeoVince Japan】は正規輸入代理店です。


情熱-経験-卓越

これらは、LeoVinceの哲学です。MotoGP、スーパーバイク、モトクロス、エンデューロの多くのチームには、LeoVinceエキゾーストが装備、採用されてきました。 この経験によりLeoVinceの製品は常に用途に合ったトータルパフォーマンスが発揮できるように常に進化し続けます。

Leovince MotoGP

Leovinceが公道を走れるように

ジャパン仕様の新構造-加速走行騒音 と e マークの証明が認められました。

規制の厳しい日本の為にイタリアーミラノ Leovince社 マネージャーStefano氏により、 日本でLeovinceが公道を走れるように違法性が無く公道で使用できるようにジャパン仕様の新構造を作りました。

Adler-Leovince社 stefano氏

そして国土交通省と会議を行い、公道走行認可と車検受験資格の取得を行いました。

*日本の車検規制は非常に複雑な規制の為、公道走行は可能でも車検受験が出来ない場合があります。 詳しくは全国の各陸運支局にて確認が必要になります。

日本国内の車検規制に一部適合するモデルがあります。 *EURO4規制適合車 ECE-Approvedモデル‐要型式適合 (leovince-EUガスレポート発行可能なモデルがあります)

作業風景

偽物や 並行輸入品にご注意ください。

安全基準を満たしていない飛行機に乗りますか?

偽造製品は、消費者、労働者、環境の安全と健康の保護を目的とした規則を完全に無視して製造されます。

低価格は魅力的ですが購入する際にリスクを負う可能性があることを忘れないでください。

偽物と本物

認可されていない並行輸入業者 GREY MARKET

平行輸入品購入することはかなりお得なように見えるかもしれませんが、実際にはいくつかの制限、問題にさらされている可能性があります。 メーカー本国でも認可されていない並行輸入業者が世界中でLeovinceの製品を販売していることを認識しており、注意を促しています。

世界中の企業が平行輸入業者を問題視する動きがあることから、LeoVince Japanでは 非正規品につきましては厳しく対処しております。 正規品には管理番号を打刻しており、打刻、登録のない商品は保証、修理サポートなどのサービスを一切お断りしています。 また、並行輸入で販売されているLeovinceマフラーには車検受験書類・資料等はありません


RAPiD BIKE

イタリアに本拠地を持つDiM SPORT(ディムスポーツ)社。 そこから生み出される高性能インジェクションコントローラーの名前です。

O2センサーが装備されていることが前提となりますがRapid Bike EASY(アドコン)があれば 空燃比をリアルタイムに最適化できるようになるためLeovince Japanお勧めの組み合わせです。

商品はこちら

MWR AIRFILTERS

航空力学を応用した開発理念、構造すべてがまったく新しいエアフィルター。 WSBK-KAWASAKIファクトリーを筆頭に、 MV-AGUSTA,BMW,UK-HONDA,日本国内でもJSB,J-GP,ST,JPなど 多くのライダーに指示されています。

商品によっては吸気を増やすだけではなく航空力学を応用した吸入圧力コントロールや 規制の為の音量コントロールができるように開発されたエアフィルターです。 Leovince Japanお勧めの組み合わせです。

商品はこちら