第一回 XJR1200 JAM-JAPAN

MonsterEVOクラスに参戦するために。

2011年、それまでZ650で参戦していた松浦光一氏が、連勝中のD.O.B.A.R.-1クラスを自主卒業し、自身のガレージに眠っていた町乗りのXJR1200で新たに MonsterEVOクラスに参戦したいという事で車両製作依頼を受けたのがきっかけ。

エンジン製作は2005までドラッグレースでFJ1200を使用していた事もあり、ある程度の知識はあったものの、車体のほうは手探りとなった。 しかし、XJR1200自体、もともと17インチネイキッドで、ハンドリングには高評価を受けているヤマハだけに不安はなく始められ、とにかくメーカーの設計したものを邪魔せずに、サーキット走行に必要な箇所を必要なだけ、プラスし てゆくという手法を行う。



51号車で様々なデータが蓄積されてきた頃合の2014年、XJR1300FiのRAPIDバ イク開発をきっかけに、『空冷レーサーをFiでフル制御したら、どんな車両に なるのだろう?』という発想が生まれ、24号車製作の土台が固まる。 外見が市販車から大きく変わるオリジナルフレームは、レギュレーション違反 ではないが、本来の草レースの趣旨から外れてしまうと考えるため、あくまで メーカー製作のフレームベース、誰が見てもXJRはXJR、ZであればZ、CBであれ ばCBと分かる、本来の外装を装着したい。 また、一見速そうに見えない、一般の人にも受け入れられるようなオシャレ要 素も含んだ車両という事で、カフェレーサースタイルのXJR1300Cの外見をチョイス。



2017年5月、シェイクダウンに入った24号車、最初はノーマルエンジンを搭載 し、~2018までライダーを務めた嶋川直宏が1秒台半ばでタイムを刻んでいた 。



9月に入り、テイストに向けチューニングエンジン搭載で走行を始めた矢先、 謎のエンジントラブルに悩まされ、使用していた純正ECUの解析の結果、Fiで の計画を一時中断し、キャブレター仕様に切り替える。 2019年からライダーを豊田浩史にチェンジ。 11月のレースウィークには練習中からコンスタントに58秒後半~59秒前半で周 回し、ノーマルフレームベースの空冷車では独走トップタイムとなる、58秒 819を予選で記録する。 現状でも課題点はまだまだ多いので改善しつつ、再びFi計画を再開し、空冷の コースレコードとなる58秒447を塗り替えるべく躍進中です。

戻る

お問合せ

個人情報の取り扱いについて
<個人情報の利用目的>
お客様よりお預かりした個人情報は、以下の目的に限定し利用させていただきます。
・本サービスに関する顧客管理
・本サービスの運営上必要な事項のご連絡

<個人情報の提供について>
当社ではお客様の同意を得た場合または法令に定められた場合を除き、
取得した個人情報を第三者に提供することはいたしません。
<個人情報の委託について>
当社では、利用目的の達成に必要な範囲において、個人情報を外部に委託する場合があります。
これらの委託先に対しては個人情報保護契約等の措置をとり、適切な監督を行います。

<個人情報の安全管理>
当社では、個人情報の漏洩等がなされないよう、適切に安全管理対策を実施します。
<個人情報を与えなかった場合に生じる結果>
必要な情報を頂けない場合は、それに対応した当社のサービスをご提供できない場合がございますので予めご了承ください。

<個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続について>
当社では、お客様の個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続を定めさせて頂いております。
ご本人である事を確認のうえ、対応させて頂きます。
個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の具体的手続きにつきましては、お電話でお問合せ下さい。